タバタ式トレーニング

タバタ式トレーニングとは、短い時間の全力(おもに無酸素運動)と休憩を繰り返すトレーニング方法で、実施時間に対して大きな効果が得られる時間効率の良い方法として知られている。

ランバイクのコース練習は、まさにタバタ式そのもの。
タバタ式は全体でだいたい数十分のトレーニングに対して、ランバイクは1,2時間はコース練習を続けることもあり、つまり、かなり運動強度が高いはず。

子供達の運動能力が上がるのも当たり前だが、もちろんコース練のやりすぎには注意したい。
Runbike Starter

おそらく世界で唯一の
ランバイク専用アプリ


関連するランバイク(ストライダー)用語

Home - About - Contact

新しい用語をリクエスト

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。
また個人的な見解であり、所属するチーム、団体とは無関係です。

©︎ 2019 loopshoot.com