クラムジー

著しい成長が原因で、体が思うように動かせず、一時的にパフォーマンスが落ちる状態のこと。
小中学生向けに使われる言葉だが、ランバイクに取り組む2歳〜8歳にも十分に使える言葉(だと思う)

例えばサッカーでは、本田圭佑選手がクラムジーが原因でガンバ大阪のユースに昇格できなかったという話がある。体が著しく成長し、それまでの"感覚"が通じなくなる状態で、才能ある若い選手が”スランプ”に陥ったように見える原因のひとつがこのクラムジーと言われている。

サッカーであれば、急に足が長くなったら、これまでの感覚が通じずに、パフォーマンスが低下することは容易に想像できる。

ランバイクの選手たちも、身長が1ヶ月に1cmとか余裕で伸びる著しい成長期にあたる。また、選手たちが成長してもバイクは勝手には大きくならない。それまで完璧だったサドルの高さ、ステムの長さが気がつくとベストではない可能性があり得る。ランバイクの場合は選手本人のクラムジーだけでなく、マシンセッティングも注意を払って、常にアップデートしていく必要がある。
クラムジーの発生やマシンセッティングの当たり外れは、完全にはコントロールできない。だからこそ、周囲の人間は長い目で選手を見てあげる必要があると思う。
Runbike Starter

おそらく世界で唯一の
ランバイク専用アプリ


関連するランバイク(ストライダー)用語

Home - About - Contact

新しい用語をリクエスト

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。
また個人的な見解であり、所属するチーム、団体とは無関係です。

©︎ 2019 loopshoot.com