空気入れ

ストライダーーデフォルトのEVAタイヤをゴムタイヤに変えたら、空気入れが必須。
自分のバルブの形式に合わせたもの、もしくはアダプタを含めて購入する。
必ず空気圧が計測できるものを選ぶこと。
空気の入れすぎも入れなすぎも良くないので数値で測る必要がある。
レースに持ち歩けるコンパクトなものがおすすめ。
最近では電動式の便利なものも販売されている。
空気圧の管理は、パンクや転倒を防止する意味でも超重要。
空気入れを使う回数は多くなるので、使うことが負担にならない用具を選びたい。
電動空気入れで空気を入れている様子
Runbike Starter

おそらく世界で唯一の
ランバイク専用アプリ


関連するランバイク(ストライダー)用語

Home - About - Contact

新しい用語をリクエスト

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。
また個人的な見解であり、所属するチーム、団体とは無関係です。

©︎ 2019 loopshoot.com