216 results
30m走とは、直線30mのタイムを計ることを意味する。 10m、20mの場合もあるが、30mがより一般的である。 このタイムは子供の成長を確認するための数値として利用できる。 他の選手とも客観的に数値で比較することができる。 正確な測定の為に計...
ランバイクのレースでは、入賞者にトロフィーが授与されることが多い。 賞状やメダルではなくトロフィーが圧倒的に多い。 子供にとってもトロフィーはわかりやすい。 まずキラキラしてるし、大きさが順位を表しているのも理解できる。 大会によっては、ト...
コーンとコーンを挟んで区分けるための備品。コーンバーという名称らしい。 コーンと同様に個人で所持するのは難しい。 しかも長い。車で運ぶのも簡単では無い。 大会や練習会でコーンバー見かけた時には、これはどの車に入ってたんだ?と想像してみよう。 尚...
フォークコラムの延長線と、前輪タイヤの中心の水平距離。 フォークコラムの延長線上とタイヤ中心のずれとも表現できる。 純正ストライダーはオフセットが0である。 このオフセットのおかげで、力のない子供でも曲がることのできる乗り物になっているが、競技となる...
その年RCSに出場したすべての選手の中で、1番ポイントを獲得した選手に与えられる称号。 まさに最速最強の中の最速最強の証。 この称号を手にするには、300から400ポイント必要。(注:一年間すべて優勝しても480ポイント) 受賞者は年間表彰式...
練習やレースにおいて、子供にプレッシャーを掛ける育成論 反意語はノープレ 結果にこだわり、そのために叱咤激励するのはスポーツにおいて当然のことではあるが、まだ幼い子供に対して、それをどこまでそれを強要するかは意見が別れるところである。 「今日はハイプ...
2、3歳のライダーは時にコースの途中で止まったりする。それ以外にも転倒してしまったり、何か気になる事を見つけてしまったり。そんな時に親が子供を抱えてゴールまで子供を運ぶことをゴットハンド走法という。 つまり、親が抱えているように見えるけど、それは見えざる...
ハンドル部分のバーのこと。 一般的な自転車用のパーツが利用できるため、いろんなところで購入できるが、ランバイクに使うには長すぎるので40cm程度にカットして使う場合が多い。特に2,3歳は短くカットして使いたい。 軽量化のためにカーボン製のハンドルバ...
もりぽっくるが主催する練習会のこと
主に陸上競技で使われる言葉で、当然ランバイクの"ラン"の部分に当てはまる。 乗り込むとは、自分の体重を自分の足を通して地面に伝えその反発を体にもらうこと ラインバイクにおいて、地面に足がついている時間だけが加速する時間なので、この「乗り込む」動...
ランバイクの練習でスタート音を鳴らすために必要な練習用具。 スマートフォンでの代用もきくが、音量や操作面でスピーカーを用意した方が何かと良い。 SDカードに入れた音源を再生できるタイプにすると、スピーカー単体で音を再生できるためさらに楽になる。 例え...
金属切断用ノコギリの名前。カーボンポストを切ることもできる。 シートポストやハンドルバーをカーボンにした際、それをカットしたくなった時に検討すべき工具 これとソーガイドがあれば比較的簡単にカーボンのバーをカットすることができる。
Page: 1

Home - About - Contact

新しい用語をリクエスト

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。
また個人的な見解であり、所属するチーム、団体とは無関係です。

©︎ 2019 loopshoot.com