17 results
直線のスピードにおいて最速の選手のことを意味する。 一般的なレース用語であり、ランバイク界においても使われる。 直線の走りに比べ、コーナーリングには目線やおしりの使い方、または姿勢、コースどりなど様々なテクニックが求められるため、直線とはまた違った...
インコースをべったり走ること。 カーブでもインから入り、インにでるコースどりを指す。 最短距離を走れるが鋭角に曲がるため減速が必要となる。
練習の途中で、都度、親のそばに行く行動のこと。 ピットインの回数は適切にしたい。
ランバイクのレースの路面はアスファルトなどの硬い路面が中心だが、芝での開催もたまにある。 アスファルトと違い、路面の抵抗が大きいため、またいつもと違った強さが要求される。 コーナーリングやスタートの技術も硬い路面とはちょっと異なってくる。 思うように...
コース、レーンと言った方がわかりやすいかもしれない。 スタート位置のことをグリッドと言う。モータースポーツ用語である。 最初のコーナーに対して内側をイングリッド、外側をアウトグリッドと言う。 イングリッドの方が走る距離が少ないので当然有利であるが、参...
レースの1つ目のカーブにトップで進入すること。 他のバイク競技で使われているのと同じ意味である。 ホールショットをとった選手がそのまま勝ち切るレースは多い。もちろん例外はある。 「ホールショット」をとるためのスタート練習、加速の練習はランバイクの練習...
RCSのA決勝には、特別な選手入場が用意されている。 選手はスタート台から離れたところで待機し、そこで名前を呼ばれてからスタート台へ進む。この時、足元に赤いカーペットが敷かれている。 その赤いカーペットの上を進む数秒の間、すべての観客の視線がそのひ...
下位の選手が上位者たちのレースに参加することを意味する。 大会でこの言葉が使われた場合には、例えば、11位から21位の順位決定戦(=B決勝)の勝者が、1位から10位の順位決定レース(=A決勝)への参加権を得ることを意味する。 順位決定戦に"勝ち抜き"の...
ランバイクに対する本気度が高い選手、および、その家族のことを指す。 レース会場で「今日はガチ勢が多いな。」のように使う。 どこからがガチ勢でどこからがそうでないかかは曖昧であるが、週末にランバイクの予定がなくて不安に思ったことがあるなら、もう”ガチ勢”...
低年齢のレースで、競技者に合わせるように親などの関係者がコースに沿って移動することを指す。ビデオを撮りながら移動することも多いので、正直危ない。 3歳後半、4歳となってくると、選手たちのスピードも上がり、大人が少し走ったぐらいでは追いつけなくなる。民...
下克上のルールを採用している大会で、下克上のルールにより、下位から勝ち上がってきた選手が優勝すること。 他の選手よりもレース数が多くなり、レースの間の間隔も短くなるため、下克上優勝のためには"体力"や"回復力"が求められる。 "勝ち上がってきた勢い"が...
ノーストライダーの略で、ランバイクに乗らないこと、多くの場合、練習しないことを意味する。 練習しない日は"ノーストデイ"と表現され、「最近ノーストで...」といった場合にはあまり練習ができていないことを意味する。 ランバイクに打ち込む家庭の多くは、常に...
Page: 1

Home - About - Contact

新しい用語をリクエスト

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。
また個人的な見解であり、所属するチーム、団体とは無関係です。

©︎ 2019 loopshoot.com