10 results
ストライダーのハンドルカスタムのパーツ ハンドル回転をスムーズにしながら、回転部分の耐久性をあげる効果がある むき出しで使うことになるため、ゴミが入っていないかメンテナンスする必要がある 同じ目的のカスタムとしてはヘッドパーツが存在する ヘッド...
スポーツで蹴る、投げるなどした後、次の動作に入るまでの動きのこと。 ランバイクにおいては、地面を足で蹴ったあと、足を振り下ろす前までの動きのこと。短く言うと「足の引き上げ動作」のこと。 フォロースルーの速さは、足の回転の速さに直結する。 フォロー...
熱いものを手で触った時、人間は脳で考えずに素早く手を引っ込める。これを脊髄反射と呼ぶことは多くの人が知っている。 脊髄反射のひとつに伸張反射と呼ばれるものがあり、これが体を動かす時の一つの方法であり、多くのスポーツでパフォーマンスに影響すると言われている...
ランバイクのフォームを分析すると、すべての選手で左右のキックに違いがあることに気づく。 左右の足の運びは、どんなに速い選手でも完全にシンメトリーではない。 差があるということはどちらかが弱いことであり、また、回転運動におけるブレと感じてしまうこともある...
ランバイクの練習のため、自宅に鉄棒を購入する家庭は多い。 省スペースでできる運動としてはかなり負荷が高く、ランバイクに必要となる体幹と腕力を鍛えることができる。 逆上がりをやるには高い身体能力が必要となる。できなくても急いではいけない。 ぶら下が...
足で地面をける音の表現。 「お兄ちゃんみたいにタタタタッてやるんだよ」というように使い、足を早く動かすことを意図して使われる。 「足を回転数をあげるんだよ」と言っても伝わる可能性は低いので、こういう表現を使うことになる。 足を早く動かすイメージを持つ...
本来は車輪が空回りすることを意味するが、ランバイクの世界では、車輪を空中で回すことを指す。 この空転の時間が1分も持たない場合はホイールに問題があると言える。 5分間空転すればそれはとても良い状態のホイールである。 空転の改善は車体メンテナンスの一番...
車輪の回転数のこと。 「ケイデンスを上げる」とは回転数を上げることを意味する。 自転車競技の場合にはペダルがあるので、ケイデンスを上げるにはペダルを回す速度をあげればいい。 競技用自転車にはギアがついているので、回転数=速度でもないので、ケイデン...
フォークとフレームの連結部分のフレーム側に差し込まれたパーツ。軸受とも言う。 ストライダーの場合、このブッシュにはプラスチックが使われており、ブッシュとフォークが直接擦れる構造は、ブッシュの劣化とフォームの損傷(溝ができる)の問題を引き起こす。この問題は...
ホイールの回転軸を受ける部分のパーツ。日本語で言うと、軸受。 ベアリングの回転の摩擦が、ホイールの回転を止める力になるので、摩擦が小さいほどうれしいはず。 ただ、実際は足の裏や体の空気抵抗の摩擦の方が大きいため、ベアリングの摩擦はあまり関係ないんじゃな...
Page: 1

Home - About - Contact

新しい用語をリクエスト

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。
また個人的な見解であり、所属するチーム、団体とは無関係です。

©︎ 2019 loopshoot.com