9 results
ランバイク向けの4スタンス理論で説明される走法のひとつ。 4スタンス理論のAとBの両方の良いところを適材適所に使う意味で、ハイブリッドと呼ばれる。 ハイブリッド走法を身につけるためにはそれを意識した練習が必要で、低年齢の選手ではできず、5歳ごろに身につ...
ランバイクにおける4スタンス理論を考察するブログ https://ameblo.jp/billy-kodawari/ このブログが、ランバイク界に4スタンス理論を持ち込んだと言っても言い過ぎではない。 子供たちのフォームや車体のカスタムを考える上で、...
ランバイク上達の最重要項目が"スタート技術"であることは疑いの余地がない。 スタートのタイミング、飛び出すための動作を身に着けるには、圧倒的な反復練習が必要になる。 そのため、ランバイクの練習の多くの時間が、このスタート練習に費やされる。 ...
主に陸上競技で使われる言葉で、当然ランバイクの"ラン"の部分に当てはまる。 乗り込むとは、自分の体重を自分の足を通して地面に伝えその反発を体にもらうこと ラインバイクにおいて、地面に足がついている時間だけが加速する時間なので、この「乗り込む」動...
スポーツで蹴る、投げるなどした後、次の動作に入るまでの動きのこと。 ランバイクにおいては、地面を足で蹴ったあと、足を振り下ろす前までの動きのこと。短く言うと「足の引き上げ動作」のこと。 フォロースルーの速さは、足の回転の速さに直結する。 フォロー...
熱いものを手で触った時、人間は脳で考えずに素早く手を引っ込める。これを脊髄反射と呼ぶことは多くの人が知っている。 脊髄反射のひとつに伸張反射と呼ばれるものがあり、これが体を動かす時の一つの方法であり、多くのスポーツでパフォーマンスに影響すると言われている...
同じ動作の反復練習の際に、全く同じではなく、少しだけ変化を与えながら反復すること。 単純な反復に比べて、変化を与えた反復は高い効果を発揮すると科学的に言われている。 ランバイクのスタート練習に例えれば、同じメンバ、同じグリッドで走るよりも、毎回違う...
体力を身体的活動を行う能力と定義した場合、その要素はまず、筋力、持久力、スピードの3大要素に分解される。 この3つの他に、アジリティ、コーディネーション、モビリティ、柔軟性も加え、7つの体力要素と表現される。 ランバイクは、足で走るという基本的な動...
プライオメトリクストレーニングとは、短い時間で強い力を生み出すこと、ざっくり言ってしまえば瞬発力を鍛えるトレーニングのことである。 子供の運動能力の向上において、瞬発力は(強い力を出すための)筋力や持久力よりも低年齢から鍛えられる、鍛えるべき能力のひとつ...
Page: 1

Home - About - Contact

新しい用語をリクエスト

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。
また個人的な見解であり、所属するチーム、団体とは無関係です。

©︎ 2019 loopshoot.com