9 results
主に陸上競技で使われる言葉で、当然ランバイクの"ラン"の部分に当てはまる。 乗り込むとは、自分の体重を自分の足を通して地面に伝えその反発を体にもらうこと ラインバイクにおいて、地面に足がついている時間だけが加速する時間なので、この「乗り込む」動...
基礎練習方法の一つ。 詳しくは書かないが、地面に手足をついて進む様子がヒーローのスパイダーマンのようなのでこの呼び名で通じる。 筋力と柔軟性の両方が必要となるかなりハードな練習方である
ランバイクをはじめるにあたっての全てのことが書いてある入門書。 ランバイクの用語、ルール。カスタムパーツの紹介、練習方法等々... レジェンドライダーの親へのインタビューも必読
正式な名前は不明。多分決まっていない。 コースを使った練習のひとつ。 スタート位置を選手の走力に合わせて複数箇所用意することで、競わせたり、抜き方を習得するための練習方法。 簡単に言うと、スタート位置でハンデをつけて行う練習のこと。 前の位置で...
30m走とは、直線30mのタイムを計ることを意味する。 10m、20mの場合もあるが、30mがより一般的である。 このタイムは子供の成長を確認するための数値として利用できる。 他の選手とも客観的に数値で比較することができる。 正確な測定の為に計...
ランバイク上達の最重要項目が"スタート技術"であることは疑いの余地がない。 スタートのタイミング、飛び出すための動作を身に着けるには、圧倒的な反復練習が必要になる。 そのため、ランバイクの練習の多くの時間が、このスタート練習に費やされる。 ...
下位の選手が上位者たちのレースに参加することを意味する。 大会でこの言葉が使われた場合には、例えば、11位から21位の順位決定戦(=B決勝)の勝者が、1位から10位の順位決定レース(=A決勝)への参加権を得ることを意味する。 順位決定戦に"勝ち抜き"の...
コースを使った練習のひとつ。 ゴール地点にお菓子を置き、ゴール後に子供達がお菓子を取れるようにすることで、子供達の練習への集中力を保つ手法。 早くゴールした子から選べるルールとすることで、モチベーションが上がる子もいる。 紐と洗濯バサミを使ってお...
タバタ式トレーニングとは、短い時間の全力(おもに無酸素運動)と休憩を繰り返すトレーニング方法で、実施時間に対して大きな効果が得られる時間効率の良い方法として知られている。 ランバイクのコース練習は、まさにタバタ式そのもの。 タバタ式は全体でだいたい...
Page: 1

Home - About - Contact

新しい用語をリクエスト

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。
また個人的な見解であり、所属するチーム、団体とは無関係です。

©︎ 2019 loopshoot.com