14 results
練習やレースにおいて、子供にプレッシャーを掛ける育成論 反意語はノープレ 結果にこだわり、そのために叱咤激励するのはスポーツにおいて当然のことではあるが、まだ幼い子供に対して、それをどこまでそれを強要するかは意見が別れるところである。 「今日はハイプ...
練習やレースにあたり、子供にプレッシャーを掛けない育成論 ハイプレの反意語として生まれた言葉。 「今日はノープレで」「うちはノープレなので」のように使われる。 子供の可能性を信じる強い意志と、楽観的なものの見方が必要な育成論である。 不思議なもので...
コースを使った練習のひとつ。 ゴール地点にお菓子を置き、ゴール後に子供達がお菓子を取れるようにすることで、子供達の練習への集中力を保つ手法。 早くゴールした子から選べるルールとすることで、モチベーションが上がる子もいる。 紐と洗濯バサミを使ってお...
努力や困難に対する心の持ち用、思考傾向みたいなもの。 ランバイクで言えば、例えば自分がレースに勝てなかったという事実に対してその時にどう感じるか。自分は勝てないと思うか、それとも、自分は"まだ"勝てないと思うかは、その選手のマインドセットで変わる。 ...
子供のやる気スイッチが入らなくて...という声はランバイクの世界でもよく聞かれる。 実際のやる気スイッチは実はスイッチというより、つまみらしいので、まずはバイクに乗ろう!乗ってから考えよう! こうだからやる気がゼロでもとりあえず手を動かしてみるのが...
熱いものを手で触った時、人間は脳で考えずに素早く手を引っ込める。これを脊髄反射と呼ぶことは多くの人が知っている。 脊髄反射のひとつに伸張反射と呼ばれるものがあり、これが体を動かす時の一つの方法であり、多くのスポーツでパフォーマンスに影響すると言われている...
ストレスや不安なく安心して過ごせる環境のこと。もっと簡単に言うと、居心地のいい場所。 スポーツの世界ではこのコンフォートゾーンにいると成長できないとされ、成長のためにコンフォートゾーンを抜け出すことを推奨される。 ランバイクに取り組む幼少期に子供達...
教育心理学で、人は期待されると期待に沿った成果を出す傾向にあること。 ランバイクに言えば、親の期待が大きいほど、子供がいい結果を出すことと言える。 一見、もっともらしいが、そんな簡単な話ではなさそうで、例えば、、厳しく接するのか、褒めるのか、さ...
直線のスピードにおいて最速の選手のことを意味する。 一般的なレース用語であり、ランバイク界においても使われる。 直線の走りに比べ、コーナーリングには目線やおしりの使い方、または姿勢、コースどりなど様々なテクニックが求められるため、直線とはまた違った...
Do not start の略らしい。 ランバイクレースにて、スタートしなかったことを意味する。 2歳、3歳がDNSすることはよくある。DNSに至る理由は様々で、そのほとんどは大人には理解できない。 中にはシグナルがなり終わる直前まで走る気を見せ...
「やり抜く力」と訳され、人生で成功するためにもっとも重要と言われている要素。 その重要性は科学的にも証明され、教育においても注目されている言葉。 グリットは忍耐や根性だけでなく、度胸や自発性、情熱や執念といった意味も含んでいる。 スポーツに真剣に...
ランバイクは毎週のように各地で大会が開かれている。 人気のあるレースが同日にバッティングすることも少なくない。 どのレースに参戦するか慎重に選ぶことは、親の重要な役割の1つである。 勝ちが見込める大会にでて自信をつけることも重要。 後ろの方...
Page: 1

Home - About - Contact

新しい用語をリクエスト

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。
また個人的な見解であり、所属するチーム、団体とは無関係です。

©︎ 2019 loopshoot.com