18 results
2、3歳のライダーは時にコースの途中で止まったりする。それ以外にも転倒してしまったり、何か気になる事を見つけてしまったり。そんな時に親が子供を抱えてゴールまで子供を運ぶことをゴットハンド走法という。 つまり、親が抱えているように見えるけど、それは見えざる...
様々なブログにキーワードとして散らばっている"走法"。 足首の使い方に関することで、ある程度の想像できるが断定した情報を見つけることはできない。
ランバイク向けの4スタンス理論で説明される走法のひとつ。 4スタンス理論のAとBの両方の良いところを適材適所に使う意味で、ハイブリッドと呼ばれる。 ハイブリッド走法を身につけるためにはそれを意識した練習が必要で、低年齢の選手ではできず、5歳ごろに身につ...
ランニング用語で、足裏のつま先側で着地する走法のこと。 ラインバイクにおいても、足裏のどこで着地するかは、議論のポイントであり、まだまだ研究が必要なテーマである。 長距離走ではこのフォアフットがある意味はやりであるが、中単距離ではもともとフォアフッ...
足で地面をける音の表現。 「お兄ちゃんみたいにタタタタッてやるんだよ」というように使い、足を早く動かすことを意図して使われる。 「足を回転数をあげるんだよ」と言っても伝わる可能性は低いので、こういう表現を使うことになる。 足を早く動かすイメージを持つ...
ライダーの横について走りながら撮影する方法 並走することでライダーのフォームを正確に記録することができる。 さらにはビデオからタイム測定したりもできる。 (この映像には実際に並走撮影法をやっているもうひとりの人も写ってますw) 必要なもの ...
ライダーの前を走りながら撮影する方法 @tsubasa0101 2歳11カ月ごろの動画 この頃はまだ前を走れた #ランバイク#runbike ♬ One Thing - One Direction ライダーの表情を撮影できるので、とても微笑ま...
30m走とは、直線30mのタイムを計ることを意味する。 10m、20mの場合もあるが、30mがより一般的である。 このタイムは子供の成長を確認するための数値として利用できる。 他の選手とも客観的に数値で比較することができる。 正確な測定の為に計...
タイヤの形や重みのバランスのこと。 このバランスが取れていないとタイヤを高速で回した際にタイヤが上下や左右にブルブル振れる。この振れを少なくすることをタイヤバランスを調整すると表現する。 タイヤバランスが悪いまま走ると、車体の揺れやスピードの乗りに影響...
熱いものを手で触った時、人間は脳で考えずに素早く手を引っ込める。これを脊髄反射と呼ぶことは多くの人が知っている。 脊髄反射のひとつに伸張反射と呼ばれるものがあり、これが体を動かす時の一つの方法であり、多くのスポーツでパフォーマンスに影響すると言われている...
なわとびは100均でも買えるトレーニング用具。 しかし、ランバイクを行う年代の子供達には、ちょっと早い。。なかなかできない。 3歳ぐらいの子では、まずは縄を回すことができない。そして、連続ジャンプも結構難しい。 そしてなによりも、縄跳びの面白さがあま...
サドルを細くすることを意味する ランバイクはその名の通り、バイクに乗りながらも普通に走る動作を同じような動作が求められる。サドルは走る時の動きの邪魔になるため、サドルを細くすることが走りのフォームに大きな影響を与える。 ナロー化が十分でないと、うまく足...
Page: 1

Home - About - Contact

新しい用語をリクエスト

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。
また個人的な見解であり、所属するチーム、団体とは無関係です。

©︎ 2019 loopshoot.com